BLUE”
And That's That
作曲;Dennis Mackrel
編曲;三塚知貴(Tomoki Mitsuka)
Li'l Darlin'
作曲;Neal Hefti
編曲;榎本裕介(Yusuke Enomoto)
Be Our Guest
作曲;Howard Ashman/Alan Menken
編曲;三塚知貴(Tomoki Mitsuka)
Blue Train
作曲;John Coltrane
編曲;川原聖仁(Masahito Kawahara)
The Way We Were
作曲;Alan Bergman/Marilyn Bergman/Marvin Hamlisch
編曲;三塚知貴(Tomoki Mitsuka)
Maruhabaa!
作曲;朝里勝久(Katsuhisa Asari)
編曲;朝里勝久(Katsuhisa Asari)
Have You Heard
作曲;Pat Metheny
編曲;三塚知貴(Tomoki Mitsuka)
Jazz Trombone Quartet VOLTZ
三塚知貴 Tomoki MITSUKA (Tenor Trombone)
川原聖仁 Masahito KAWAHARA (Tenor Trombone)
榎本裕介 Yusuke ENOMOTO (Tenor Trombone)
朝里勝久 Katsuhisa ASARI (Bass Trombone)
 
Produced by Jazz Trombone Quartet VOLTZ
Recorded at SOS-MUSIC Studio,Tokyo on February 5,6,7,21&26,2018
Engineered by Masanobu TAKEI(SOS-MUSIC)
Photography;Toru TAKAMATSU(WAVE)
Design;Masaya HONDA
Special Thanks;Kanako IIDA,Eriko KIRIYAMA,Wakako SAKAMOTO,Kazuo SUZUKI(Musicstore.JP),Hajime TAGUCHI&Yuko YAMAMOTO
©℗2018 Jazz Trombone Quartet VOLTZ
Made In Japan

And That's That

この曲は、1985年にThad Jonesが指揮をとっていた頃のCount Basie楽団が来日した際に演奏ました。
作曲は、その当時にドラマーとして参加していたDennis Mackrelによるもの。
Basieのサウンドを基軸にThe Thad Jones/Mel Lewis Orchestraのエッセンスも加味されたような楽曲構成やメロディーで、そのキャッチーさが人気で、日本の学生・社会人ビッグバンドでも頻繁に演奏されている曲です。
そのビッグバンドサウンドをトロンボーン四重奏の為に凝縮、曲の魅力を余すことなくカヴァーしたアレンジに出来たと自負しています。
Prettyなメロディから始まり、川原・三塚のアドリブソロを経て、ドラマティックなシャウトコーラスが、途中に榎本ソロを挟んで、もうひと波やってくる感じ。
演奏しながらもグッとくるのは、楽曲自身が持っているチカラですね。
そんな、ワクワクしながら吹いている我々の気持ちが伝わったら嬉しいです。

(by 三塚知貴)

Li'l Darlin'

僕は学生時代Big Bandをやっていたのですが、そこで多く演奏していたのがこの「Li’l Darlin’」を始めとして数々の名演を残すCount Basie & His Orchestra のナンバーたちでした。この曲を聴くと学生時代の思い出が甦って懐かしい気持ちになります。
さてこのアレンジですが、僕が生まれて初めてアレンジというものに挑戦したこれまた思い出深い一曲です。初めて取り組む作業だったので何か自分に縁があるものをアレンジしてみたいと探していたところ、この曲に思い至りました。
Count Basie & His Orchestraでの演奏はスローな4beatなのですが、VoltzではミディアムテンポのFunkの曲調にしています。
実はこの「Li’l Darlin’」という曲には面白いエピソードが付いていて、作曲者のNeal Heftiはこの曲のテンポ設定をスローではなく、もっとかなり早いテンポで演奏するように考えて作っていたそうです。実際リハーサルも早いテンポで行われていたという噂ですが、本番の時にCount Basie御大が突然ゆっくりなテンポでカウントを出したそうです。その場にいたらかなりびっくりするような出来事ですが、この無駄のない美しいメロディを際立たせることになることをCount Basieさんはわかっていたんだなぁなんて思います。
オリジナルではTrumpetのsoloでたくさんの素晴らしいテイクが残されていますが、そこはVoltz。
Tromboneしかいません。
三塚、川原、榎本、朝里の順番でsoloを掛け合っています。その後のsoliにもご注目ください。

(by 榎本裕介)

Be Our Guest

ディズニー映画の楽曲を数多く手がけたAlan Menkenの作曲。
1991年に長編アニメ、そして、2017年には実写作品として制作された映画「美女と野獣」の挿入歌。
邦題は「ひとりぼっちの晩餐会」。主人公のベルが、森の奥にある城で、魔法をかけられ家財道具の姿になってしまった召使いたちに歓迎される時に歌われた賑やかな曲です。
最高なディナーと共に、宴を盛り上げるような、ゴージャスでハッピーな雰囲気。
VOLTZに書いたアレンジでは、途中に4ビートのスウィングの部分を挟み、川原から榎本の順でホットなアドリブをバトンタッチする形式にして、より楽しげな空気感になるようを演出しました。
最近、ほぼ毎回のライヴでプログラムさせて頂いておりますが、もちろんお越し頂いた皆さまへ、心から歓迎の気持ちを込めて演奏しています!

(by 三塚知貴)

Blue Train

John Coltrane (ts)のリーダーアルバム"Blue Train"のタイトルチューン。
ジャズの世界で金字塔を打ち建てたこのアルバムに収録されている、ジャズトロンボーン奏者にとってのバイブルとも言えるCurtis Fuller (tb)の素晴らしいソロフレーズをフィーチャーして、Voltz用にハーモナイズを施したアレンジをしました。
世の中を見渡してもCurtis Fullerのハーモナイズアレンジはなかなか珍しいかと思います。
また、ソロセクションはシンプルな内容で、ライブではその時々で(飛び入りや共演も含めて)ソロ担当を変えたり、演奏をする度に違ったサウンドになるようにしてあります。
今回の収録ではAl Grey (tb)を敬愛してやまない榎本の、ピクシーミュートとプランジャーミュートを併用したソロをフィーチャーしました。
Al Greyを意識しつつも現代的な感覚を取り入れた榎本の渾身のソロ、4人で取り組んだCurtis Fullerのソロフレーズ、そしてJohn Coltraneのペンによるテーマへ、というなかなか面白い内容のセッション収録になったのではないでしょうか。

(by 川原聖仁)

The Way We Were

1973年に公開されたアメリカの恋愛映画『追憶』の主題歌。歌手Barbra Streisandの代表曲となっていますが、アメリカ内外、もちろん日本でも、多くの歌手にトリビュートされ、カヴァーされている名バラード。
数々のジャズミュージシャンにも演奏され、名演を残しています。心の琴線に触れてくるメロディのチカラ、演奏するときも自然と感情移入できます。温かいハーモニーとスウィートメロディを表現できるトロンボーン四重奏のサウンドと、とても相性が良いということもあり、私にとってVOLTZのレパートリーの中で大好きな曲のひとつです。
私、三塚のメロディソロが主体のアレンジですが、しっとりとした気分でお楽しみ頂けたら幸いです。

(by 三塚知貴)

Maruhabaa!

スリランカ南西のインド洋に浮かぶ大小数多くの島々からなる国、モルディブ共和国に旅行で赴いた際、感じた折々をそのまま曲にしました。
夜遅く現地に着き、翌朝海から太陽が昇る美しい様に感動し、その綺麗な海に飛び込んで遊び、日が落ちてからは妖艶な踊り子達によるパフォーマンスの虜になり、また翌日遊び…。「何もしない」で楽しく過ごした毎日。
Maruhabaaとは、現地の言葉であるディベヒ語で「ようこそ」という意味。そんな雰囲気を少しでも感じて頂けましたら幸いです。
Solist;川原聖仁・榎本裕介

(by 朝里勝久)

Have You Heard

アメリカのジャズギタリストであり、作曲家としても世界的に高く評価されているPat Metheny。
その洗練されたクリーンなサウンドをトロンボーン四重奏に…というチャレンジングなアレンジですが、最近は毎回のようにライヴで演奏しています。
この「Have You Heard」は、テーマ部分は7/4拍子で構成されています。いわゆる変拍子なのですが、自然に耳に馴染む印象的なメロディが魅力です。
そんなメロディから、アドリブソロは三塚から川原の順、エンディングに向けて…と、次から次へとスリリングさがバトンタッチされていきます。
活動10年目のVOLTZのチームワークの真骨頂…でしょうか。ご覧(?)ください。

(by 三塚知貴)